バラエティ

【おかず味噌汁】夏野菜を丸ごと使ったレシピ☆ヒルナンデス(7/17放送)

sponsored Links

こんにちは!  sakura(@sakura_reiwa)です^^

2019年7月17日放送の「ヒルナンデス」

「プロが教える!おかずみそ汁」で紹介された


『夏野菜を丸ごと使ったおかず味噌汁』2品のレシピをお伝えします。

教えてくれたのは30冊以上の本を出版されている
料理研究家の井澤由美子先生です。

sakura
夏野菜を丸ごと使うなんて、、、びっくり!!

 

【おかず味噌汁】火を使わない冷たいレシピ☆ヒルナンデス(7/17放送)

続きを見る

おかず味噌汁って何?

今、主婦の間で話題の「おかず味噌汁」。

簡単に作れて具材が通常の2~3倍とたっぷり入った味噌汁。

この食べ応えこそが人気の秘密。

栄養面でも味噌汁1杯とごはん1杯で食事になるので、手軽でヘルシ-と人気に。

夕食はもちろん、朝食や夜食にもピッタリ。10〜15分程度で作れるので何種類か覚えておくと便利そうですね。

sakura
おみそ汁はいつも同じような具材になってしまう...という方にもオススメだよ

 

10分で作れる!丸ごとピーマン味噌汁

栄養満点丸ごとピーマンが入ったお味噌汁です。
夏が旬のピーマンは夏はヘタや種も柔らかくなっているので丸ごと使うのがオススメ!

<材料>2人分

・味噌 大さじ1.5~2
・ピーマン 6個
・卵 2個
・一味唐辛子 適量
・市販の昆布だし 300cc

<作り方>

step
1
ピーマンに2~3か所穴をあけて空気を抜く

包丁でちょんちょんと小さな切り込みを入れる感じで穴あをあけていきます。

ポイント

穴をあけることで火の通りが早くなり、味が染みこみやすくなります。

 

step
2
ごま油でピーマンの両面を中火で焼く

ごま油がなければオリーブオイルで代用OK

ポイント

火を早く通りやすくするために鍋ぶたなど重しを置いて中弱火で2~3分
両面焦げ目をつけるように焼く。

ピーマンの栄養素にはカロテン、ビタミンCなどがあり、
油で焼くことにより、栄養価も吸収しやすくなります。

メモ

わたやタネに含まれるピラジン
血行を良くしてくる効果が期待できます。

 

step
3
ピーマンがしんなりしたら昆布だしを入れ一煮立ちさる。

 

step
4
味噌を溶きながら加える

 

step
5
沸騰したら生卵を入れ

お好みの加減で火を通せば完成

 

step
6
お好みで一味をかける

 

sakura
ピーマンのインパクトがっ!!トロッとした卵が美味しそう♬ 

 

10分で作れる!レタス桜海老味噌汁

レタスを丸ごと1個贅沢に使用!
桜えびのコクと香りが食欲をそそる絶品味噌汁。
レタスのシャキシャキ食感がアクセントになったお味噌汁はごはんとの相性も抜群です。

<材料>2人分

・レタス 1個
・桜海老 大さじ3~4
・卵 2個
・市販の昆布だし 300cc
・味噌 大さじ1.5~2
・片栗粉 小さじ1.5

<作り方>

step
1
鍋に昆布だしを入れ火にかけ、片栗粉でとろみをつける

 

step
2
桜海老を入れて、とろみが出るまで煮る

メモ

桜えびには旨味がたっぷり混ざっているのと、カルシウムが吸収できるのでバランスの良いおかず味噌汁になります。

 

step
3
レタス1個を手でちぎって入れ、しんなりするまで煮る

ポイント

フレッシュ感を楽しみたい方は火にかける時間を短く

 

step
4
味噌を加える

 

step
5
溶き卵を加えたら完成

 

sakura
ご飯にかけて、おじや風にしても美味しいよ!

 

 

まとめ

夏野菜を贅沢に使った「おかず味噌汁」のレシピを紹介しました。

具たくさんのお味噌汁は豚汁しか使ったことのない私には衝撃的なレシピでした。

夏は食欲が出なかったりすることも多いので、おかず味噌汁はそんな時にも活用できそうです。

旬の野菜をたくさん食べて、暑い夏を乗り切りたいと思いました。

sakura
ピーマンのおみそ汁は...出した時の反応が楽しみですよね...

井澤由美子先生の最新の著書。

 

おかず味噌汁の料理本も出版されています。
ヒルナンデス『プロが教える!おかずみそ汁』の1回目放送の時の講師、瀬尾 幸子先生の著書です。

【おかず味噌汁】火を使わない冷たいレシピ☆ヒルナンデス(7/17放送)

続きを見る

【おかず味噌汁】1品で主食になるレシピ☆ヒルナンデス(7/17放送)

続きを見る

-バラエティ
-,

© 2020 令和色 Powered by AFFINGER5