キャベツの切り口が黒くなっても大丈夫?変色させない保存方法につても

PR

キャベツを切ったところ、驚いて気付いたことはないでしょうか?
切り口が黒くなっているのを見つけた時、そのキャベツを食べるのは安全なのか心配になりますよね。

この記事では、キャベツの切り口が黒く変色する理由や、その状態のキャベツが食べられるのか。
そしてキャベツの鮮度を保つ保存方法までを詳しくご紹介します。

キャベツをおいしく、長持ちさせる方法についてお伝えします。

目次

キャベツの切り口が黒く原因は?食べても大丈夫?

キッチンでキャベツを切る時、黒くなった部分に出くわした経験はありませんか?
その時、皆さんはどうしましすか?
捨てた、または食べたのか?
キャベツはよく使う野菜の一つ。
手軽に美味しい料理を作ることができますが、黒くなった切り口を見たときの不安や疑問を解消しましょう。

キャベツの切り口が黒くなる原因とは

キャベツの断面が黒くなっってしまうことがありますが、これはキャベツに存在するポリフェノールが変色を引き起こしているためです。
このポリフェノールは、空気との接触によって黒や褐色になりますので、細菌などのせいではありません

野菜には「酸化酵素」という成分があり、このためにポリフェノールが反応して暗くなる現象が起こります。

他の野菜や果物、例えばレタスの断面が紅色になったり、リンゴが断面で暗くなるのも、この酸化によるものです。

キャベツの断面の変色は酸化作用が主要な要因で、キャベツを切ることで特定の酵素が放出され、その結果として変色が生じるのです。
さらに、キャベツを冷蔵保存する際に、その環境が変色を加速させることもあるんですよ。

黒くなったキャベツの食べられる?

黒くなったキャベツは、健康上の問題は基本的にはないので、食べても問題ありません
ただ、味や食感が悪くなる可能性があるため、見た目や匂いで鮮度を確認しましょう。

異常な匂いやぬるつきが感じられた場合は、食べないようにしましょう。
黒い部分が気になる方は、取り除いて使用しても良いでしょう。

キャベツの切り口の変色は酸化や保存状態によるもので、食べる上での健康リスクは低いです。
ただし、鮮度や食感が気になる場合は、取り除いて調理するか、匂いやぬるつきを確認してから判断しましょう。

キャベツの切り口の黒さを防ぐ保存方法

サラダや鍋料理、ソテーや焼き物と、多様な料理に活用されるキャベる。
しかし、切り口が黒くなってしまうと、食欲が減少してしまいますよね。
キャベツの美しい緑を長持ちさせる保存方法と、黒くなった時の対処法をお伝えします。

キャベツの適切な保存法

キャベツの新鮮さを保つための最もシンプルな方法は、冷暗所での保存です。
冷蔵庫の野菜室がベスト。

キャベツは乾燥を嫌うので、保湿をしてラップや保存袋でしっかりと包み、空気に触れるのを避けましょう。

  1. 切り口に濡らしたキッチンペーパーを密着させて、輪ゴムでとめる。
  2. スーパーのビニル袋などに入れて野菜室で保存。

また、キャベツ全体を使い切ることが難しい場合、一度に切らず、必要な分だけ取り出して使うことで、切り口の変色も防ぐことができます。

丸ごと1個キャベツの保存方法

  1. キャベツの芯をくり抜く
  2. くり抜いた芯の部分に、濡らしたキッチンペーパーを詰める(乾燥を防ぐ)
  3. キャベツ全体を、濡らした(キッチンペーパー)で包む
  4. 芯の部分を下にして、ビニール袋に入れ、野菜室で保存

キャベツをまるごと保存したい時のコツは、芯(中心部)を取り除くことです。
この手法を用いることで、キャベツの成長を止め、長持ちさせる効果が期待できます。

さくら

キャベツ丸ごと1個の保存方法を知っていると、特売の時に躊躇なく1個購入できますよ!
この方法だと、2週間以上長持ちするので是非試してみてくださいね。

黒くなった切り口の対処法

万が一、キャベツの切り口が黒くなってしまったら、まずは切り口を数ミリ削るだけで、美味しく食べられる部分が出てきます。
黒くなった部分は、酸化によるものであり、深くない場合は、表面を取り除けば安心して食べられます。

ただ、変色が深い場合や、ほかの変色、異臭がある場合は、食べるのは避けた方が良いでしょう。

キャベツの鮮度を長く保つには、冷蔵庫での適切な保存が大切。
そして、変色が始まってしまったら、表面を軽く削ることで、新鮮な部分を楽しむことができます。

大切なのは、新鮮な状態で美味しく楽しむこと。
適切な保存と対処法を知って、美味しいキャベツを堪能しましょう!

キャベツの切り口が黒くなっても大丈夫?まとめ

キャベツの切り口が黒くなってしまった時の対処法や、保存方法についてまとめました。

購入したカットキャベツには、ラップがかかっていることが多いですが、 このラップを取り除き、少し湿らせたキッチンペーパーをキャベツにつけ、その後ビニール袋に入れて保存すると、鮮度を保つことができます。

購入後にすぐ冷蔵庫に入れるのではなく、小さな工夫をするだけで、キャベツの持ちが良くなりますよ♫

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中学生の息子を育てるワーキングママです。

好奇心旺盛で世の中のいろいろなことが気になってしまう性分...

コメント

コメントする

目次