花火大会

熱海海上花火大会2020!コロナ対策や無料の穴場スポットはどこ?

投稿日:

sponsored Links

こんにちは^^
sakura(@sakura_reiwa)です。

2020年の熱海海上花火大会では、
コロナウイルス感染拡大を防ぐため、
主に以下のような対策が行われます。

  • 打ち上げ時間を15分間に短縮する
  • 自宅や客室での観覧を呼びかける
  • 日帰り客にはライブ配信での観覧を呼びかける
  • 附帯イベントは見合わせる

穴場スポットとしては、
親水公園の宿泊客用観覧席や、サンレモ公園、
MOA美術館の駐車場などがありますが、
いずれも感染対策に気を配りながら利用したいものですね。

では、もう少し詳しい情報を見ていきましょう。

熱海海上花火大会 日程や概要

2020年夏の熱海海上花火大会は、
感染対策のために日程が変更されています。
現在の概要は、以下のとおりです。

  • 開催日 2020年8月5日(水)、8月18日(火)、8月21日(金)、8月23日(日)、8月27日(木)
  • 時間 20:30~20:45(15分間)
  • 開催場所 熱海湾(熱海サンビーチ~熱海港)
  • 打ち上げ発数 各日約5,000発
  • 荒天の場合 雨天決行

当初は7月26日(日)、7月31日(金)の開催も予定されていましたが、
コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中止になりました。

今年は、他にも中止になった花火大会が多くあるので、
8月からでもしっかり再開してくれるのは、
とても嬉しいニュースですね。

熱海海上花火大会(秋/冬)の予定

熱海海上花火大会は、
夏以外にも行われることが特徴であり、
秋と冬の日程も決まっています。

・秋 2020年9月22日(火)、10月10日(土)
・冬 2020年12月6日(日)、12月13日(日)

また、春の花火大会はすべて延期になってしまったので、
以下の2日が代替日となっています。

・2020年10月24日(土)
・2021年1月23日(土)

これだけ開催日があれば
夏以降も、まだまだ熱海の花火を楽しむことができますね。

熱海海上花火大会では、
フィナーレで打ち上げられる「大空中ナイアガラ」が有名です。

会場全体をフルに使った大迫力の花火なので、
予定が合いそうな日を見つけて、ぜひ体験してみてください。

熱海海上花火大会のコロナ対策は?

今回の熱海海上花火大会では、
コロナウイルスの感染防止対策が徹底されています。

いつもは30分間の打ち上げ時間を、
半分の15分間に短縮したのは、コロナ対策の一環です。

また、密を避けるため、市民や別荘所有者には、
自宅からの観覧を呼びかけています。

どうしても自宅から見えない人は、
無料の穴場スポットを利用することになりますが、
外出せずに見られる人は、なるべく家で見た方が良さそうですね。

日帰り客についても、
クラスターが発生した場合の連絡が困難となるため、
できる限りライブ配信での観覧を呼びかけています。

直接生で見たい気持ちもわかりますが、
夏以降の開催を中止にしないためにも、
なるべく自宅で見るようにしましょう。

また、飲食ブースなどの附帯イベントは見合わせ、
密集や密接が起こらないように配慮される予定です。

もちろん、マスクの着用やソーシャルディスタンス、
接触確認アプリの利用なども、
しっかり呼びかけています。

これだけ徹底した対策が行われていると、
安心して花火を楽しめそうですね。

熱海海上花火大会の有料観覧席は中止!無料の穴場スポットはどこ?

コロナ対策の中には、有料観覧席の中止も含まれています。
自宅で見られない場合は観覧席があると助かりますが、
今回ばかりは利用できないので、注意しましょう。

しかし、花火大会を諦める必要はありません。
快適に観覧するなら、
無料の穴場スポットをチェックしてみてください。

  • 宿泊者専用無料観覧席(親水公園)
  • サンレモ公園
  • MOA美術館駐車場
  • 熱海サンビーチ

これらは、花火がよく見え、
なおかつ無料で利用できる場所です。

そうした穴場スポットを頼れば、自宅から見えにくい人も、
思う存分花火を楽しめます。

ただし、自分ができる感染防止対策は、
必ず行うようにしてください。

親水公園の無料観覧席では、
ソーシャルディスタンスをしっかり確保するため、
目印となるシールを貼る予定です。

他のスポットでも、きちんとマスクを着用して、
なるべく距離をとることを忘れないようにしましょう。

まとめ

今年の花火大会は、
コロナウイルスの影響で延期や中止が続いていたので、
再開できるのはとても嬉しいことですね。

またきれいな花火を楽しめるとなれば、
沈んだ気分も吹き飛び、ワクワク感が高まってきます。

コロナ対策をしっかり意識しつつ、
夏の風物詩を満喫しましょう。

-花火大会

Copyright© 令和色 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.